【ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー】ゴルフ練習器具、本当の動きを理解できる!一生ものです。迷走したらこれで確認!

ゴルフスイングの正しい感覚ってどんな感じなの?

これで解ります

その名は

ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー

メイド イン USA

カルフォルニアで製造の、純アメリカ産の練習器具でございます

海を渡った親元アメリカ製ということで、ゴルフで言えば先進国の技術が日本にもやってきているという状況でしょうか

アマチュアのレベルもアメリカに比べたら相当の差があるのも事実でしょう...

負けたくありませんが

そんな親元アメリカから届いた練習器具

ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー

ライバルに負けたくない!

すぐに上達してやる!

って思っているあなた、必見です!

僕これ

1年半くらい前に購入し、すでに使っておりました!

その当時SNS等でかなり話題になっていた器具です

プロの方々も紹介しております

かん
かん

ごきげんよう!シャローイングは意識するものではない!って思っているアマチュアゴルファーで治療家のかんです

実際に使っている僕が、これを使って何が上手くできるようになるのか、体得できる感覚や生まれる気づきを解説します

デメリットなしの商品です!

どんな人におすすめ?

  • 初心者の方、正しい答えが手に入ります
  • インパクトでフリップ動作(すくい打ち)が出てしまう方
  • トップポジションの位置が定まらない方
  • 左手手首が甲側に折れ過ぎている方
  • ハンドファーストインパクトの感覚を掴みたい方
  • 俗にいうシャローイングの感覚を身に着けたい方
  • GGスイングの感覚を知りたい方
  • いち早く上達を目指している方
  • 細かな感覚をより伸ばしていきたい方
  • 本当の答えを探している方 

腕のお話がメインになりますので少し細かくなりますが、ざっとこんな悩みを持たれているあなた

使ってみることをお勧めします

ハンドファーストとは?

グリップをボールより左側に倒して構える方法のこと

それに加えてボールよりもグリップが先行してインパクトすることを指す

ダフリやトップなどのミスショットを減らせ、ボールをクリーンに打てるようになるのがハンドファースト最大の特徴

定義っぽい感じで言うとこのような意味です

シャローイングとは?

シャローイングの「シャロー」とは「浅い」という意味があり、ダウンスイング初期にクラブを寝かせ、緩やかな角度で下ろすこと

逆に、カット軌道のスライサーにありがちな、クラブが立った状態で急角度にクラブを振り下ろすことを「スティープ」という

言葉であまり理解しない方がいいポイントだと思いますので、意味だけ理解しましょう

気づかせてくれること ポイント

インパクトですくい打ちの動きが入ると、器具が教えてくれます

トップのポジションの位置を導いてくれる

インパクト時のハンドファーストの感覚を教えてくれる

切り返しの時のクラブが寝てくる動き(シャローイング)の感覚がわかる

試さないと気づけない感覚が生まれる コレ大事!

本当の腕の使い方、感覚が解る コレ大事

そして

この練習器具のいいところは

実際にクラブに着けてそのまま打っていけるところです

なので練習場でも飽きずに練習できます

これがいいんです

打てない練習器具だとぶっちゃけ少し飽きちゃいます...

使い方

基本的には9番やPW、ウェッジなど短めのアイアンに装着します

慣れてきたら長いクラブでも試してみるとGOOD!

器具に小さなアイアン形状のヘッドがついているので、そのアイアンヘッドのフェースの向きと、クラブのフェースの向きを揃えるように装着します

人によっては実際のクラブヘッドより、若干時計の2時方向(フェースを開く側)にずらして装着します(よりハンドファーストの意識が高まります)

グリップの上部に乗せるように装着します

下側はちょうどグリップの端に付くようになっています

取り付けは、プラスチック製のネジを緩めてはめるだけなので、簡単です

フェースの向きだけ整えれればオッケーです

若干器具についているフェースの向きを、少し開いた状態で装着した方がしっくりきます

いつものようにアドレスします

装着出来たらいつものようにアドレスしてください

アドレスの時は、真ん中についているハンガーの部分が、右腕の前腕部内側についている状態にしてください

写真上の感じです

公式写真引用

テイクバックからトップ

そしてダウンスイングからインパクト

実際にボールが当たるまで

ハンガーの黄色い部分がアドレスの時とは違い、今度は左手前腕部内側にずっとくっついた状態をキープしたまま打っていきます

ハンガーが左腕から打つまで離れてはいけません

公式写真引用

写真のようにインパクト時もハンガーが左腕にくっついています

初めは結構難しいので、50yardくらいのアプローチショットくらいの練習から始めるといいです

初めは

え?

これであってるの?

って思うかもしれません

実際

スイングイメージを作る上でも正しい感覚だと感じています

これをすることによって、今まで考えた事がなかった新たなイメージが持てると思います

実際にこのイメージで打っていくことは

多くのティーチングプロの方々も絶賛していますので間違いない感覚でしょう

多くのティーチングプロが絶賛

インスタグラムYouTubeで人気のティーチングプロの方々も絶賛している練習器具です

GGスイング、シャローイング、ハンドファーストでおなじみのフジモンティさんも紹介されていました

僕のゴルフの成長に絶対的に欠かせなかったYouTubeチャンネル、ゴルフYouTuberでティーチングプロの大地プロも取り上げていました

DaichiゴルフTVチャンネル(チャンネル登録者数 39万人)

更には、

チャゴルTVでおなじみのちゃごるさんも取り上げています

チャゴルTVさんも本当にお世話になっているチャンネルです

このチャンネルからも本当に多くの気づきを頂きました

チャゴルTVさんの影響で僕はグリップを太くしています

詳しくはグリップのこの回で!

ちゃごるTVさんのこの回です

ちゃごるさんは多くの女子プロを輩出しているすごい先生みたいです

僕にとってはとてもわかりやすい言葉で説明してくれる先生だなと感じています

ちゃごるTVチャンネル(チャンネル登録者数19.4万人)

このように多くのプロの方々も取り入れるほどのなので、感覚をつかみやすい練習器具ということがいえるでしょう

僕も同感です

取り組んでて楽しい練習器具

練習器具って買ったはいいけど、だんだん飽きてきちゃう物多いですよね

一生使える練習器具を選びましょう!

このワトソン ゴルフ ザ・ハンガー

何と言っても練習していて楽しいんです

はやり実際にボールを打てるのでいろんな気づきが早くから感じれますし、なにより夢中になって練習できます

飽きにくいです

これで感覚を付けておいて、次に何もつけていないクラブで打ってみてください

感覚が残っているのでいろいろと感じやすくなるでしょう

僕の場合

先ほども言いましたが、1年半くらい前に購入して今でも使っています

今では

  • スイングが不調の時
  • 忘れかけてた感覚を再確認する時
  • 基本に立ち戻りたい時
  • 迷走しているとき
  • 正しい動きを再確認する時

これを使って練習しています

あっ

そうそう

って感じで再度感覚を取り戻せます

正しい感覚を肌で感じることが上達の一番の近道! 初心の方特に重要!

ゴルフスイングを正しくしていくことは、非常に難しい面もあります

なぜならば、

本当に正しい答えが肌で感じにくいからです

上手な人に言葉で伝えられても、全然理解できないことたくさんあるかと思います

それは伝える側も、どんな感覚なのかを言葉で伝えることが非常に難しいからです

困惑するフレーズ

??腰を切れ

??頭を残せ

??前傾をキープしろ

??右肩を落とすな

??ヘッドアップするな

??スエーするな

??その場で回転

??突っ込むな

??ハンドファースト

??クラブを寝かすな

??クラブを立たせろ

??インから入れろ

みたいな...

よく聞きますね

世に出回っている言葉たち

言いだしたらもっともっとたくさん出てきます

どれも特に初心者を悩ませる言葉たちばかりです

...

は?

意味わからんし...

どんな感覚よ?

って正直なりますよね

そうなんです

実際、スイング作りは自分が肌で感覚を理解しないと体得できないんです

だから難しいんです

伝える側も、言葉で伝えることは非常に難しい

更には

伝えられる側も、言葉だけで本当の理解を生むことは非常に至難の業なんです

こうやって僕が特に初心者の方に最短の上達へのアドバイスを、文字を利用し最大限困惑しないベストな伝え方を模索している中で、絶対に心掛けていることは

迷走させないように肌でしっかり感じて貰えるようにすること

なんです

からだの感覚で分かってもらえるように

言葉に加えて、感覚を理解しやすい道具を利用したり

イメージをしやすい言葉でしか導かないよう注意を払っています

なぜならば、伝え方一つで混乱しかねないからです...

ですからあいまいな腰を切れ!

みたいな言葉は使わないようにしています

どうやって腰を切るの???

ってなるだけです

もし腰を切れって言うのであれば

事細かく腰の切り方をより深く説明するでしょう

腰を切れ

曖昧過ぎて

は?

切る?

ってなるだけです

頭を残せ

残せ?

どこに?

ってなるだけです

まとめ 

結論。

正しい感覚を理解する、腑に落ちる、体得するための条件 一択のみ!!

正しい感覚、正解の感覚、間違っていない感覚を1度、自分の肌で感じること。

これがすべてだと思います本気で。

素振りをしていて、ふと

あっ

この感覚!

ってなって

練習場行って

実際に打ってみて、いい球が出てテンション上がる!

ある程度は球筋、打った感触で、自分自身の中で答え合わせができていくことも大切な要素の一つだと思います

素振りをしていて、気づいて、確認して、自己解答で合格をつける。

この流れ、めちゃくちゃいい流れです

僕もそればっかりやっていました

おそらく自己解答だとしても実際には合っていることが多かったりするんです実は

なので自分をもっと信じてもいいかもしれません

当時は僕も常に疑心暗鬼でしたが、今だからはっきり言えます

あなたの気づき、結構正しいですよ!

自信もって!

しかし

...

あなたが迷走する瞬間は、実はこの先にあるんです

そう

自己解答だけじゃココロが本当の意味のGoodボタンを押してくれないんです

せっかく合っている感覚なのにちょっと崩れだすと、やっぱり違うのかって迷いだすんです

やっぱりあの時の気づきは間違っていたのか...

って

がっかりしてしまう瞬間です

...

しかしここにヒントが隠されているのです

自己解答の後、本当の解答とも照らし合わせることこそが、自分を納得させる唯一の方法なんです

そう、これなんです。

気づきを生んだけどこれで合ってるのかな?

確認してみたら本当の正解の感覚も同じだった!

という答え合わせを自分にしてあげることで、初めて腑に落ちることができるんです

肯定できることで、どんどん自分のスイングを信じることができるでしょう

そして

一生ものの正しい感覚を手に入れたあなたは、二度とその感覚を手放す事は無くなるでしょう

なぜならば、真の答え合わせをしていることで、正しいスイングをしていると確信に変わっているから!

疑心暗鬼になることがなくなるから!

この方法をいろんなポイントポイントで繰り返していけば、最終的にあなたは、あなたの理想のスイングに近づいていくができるでしょう

間違いなく!

今回は僕も愛用、プロも絶賛のワトソン ゴルフ ザ・ハンガーのご紹介をさせていただきました

正解の感覚を知ることこそが、スイング上達の何よりの近道だとつくづく感じながら練習してきました

きっとあなたに自信を持たせる素晴らしい道具になっていただけることでしょう

一生ものの練習器具、不調になったらこれ使って基本に立ち返るといった具合で、持っているだけで上手くなる道具のひとつに選ばせていただきました

是非上手くなってライバルに差をつけちゃってください!

↓これで僕はハンドファーストの感覚、左手の掌屈の感覚が理解できました↓

Amazon、楽天市場で購入できます

ワトソン ゴルフ ザ・ハンガー

¥8,300

  • PGAプロ信頼のゴルフトレーニングエイド – theHANGERの特許取得済みのデザインは、ゴルファーがクラブのフェイスコントロール(フックやスライスをなくす)、適切なスイングプレーン、完璧なインパクトポジションに最適なボールストライクを実現します。
  • すべてのスキルレベルに必須 – ハンガーゴルフトレーニングエイドは、世界中の何千人ものPGAプロフェッショナルゴルフインストラクターによって使用され、あらゆる能力のゴルファーが最も重要なゴルフスイングの基礎を開発および維持するのに役立ちます。
  • 生涯使えるようにアメリカ製 – theHANGERはカリフォルニアで製造、製造されています。耐久性のある高性能Zytel樹脂で設計されています。
  • 当社の「ベターゴルフ」のお約束 – 当社の第1の目標は、低スコアの撮影を支援することです。当社はお客様が100%ご満足することをお約束します。 何らかの理由で満足できない場合は、Watson Golf に直接ご連絡ください。 全額返金いたします。

Amazonで購入

Amazonの方が金額は1600円も安いです。

なぜだ...

そこはわかりません(ゴメンナサイ)

それではこの辺で

素晴らしいゴルフライフを!

バイバイ!

↓僕かんが練習場に対して思うこと↓

↓ベン・ホーガンも言い続けていたゴルフスイングの理論↓

春のラウンドは幸せだね~🌸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA